どんなに食べても痩せている女子の“日常習慣”5ヶ条

どんなに食べても痩せている女子の“日常習慣”5ヶ条

【ダイエット/モデルプレス】季節がかわると、美味しい食べ物がどんどんお店に出てきますよね。美味しいものは食べたいけれど、体に現れるのはイヤ!そこで今回はたくさん食べても痩せている女子の日常習慣をご紹介します。


◆とにかくよく噛む


どんなに食べていても痩せている女子の特徴として、食事が長いことが挙げられます。

しかし、他の大食い女子と違うのは「噛む回数」。痩せ女子はひと口に30回以上噛んでいるのだとか。

噛む回数を増やすことで、脳の満腹中枢を刺激することができ、少ない量でも満腹になりやすくなりますよ。

さらに、あごを動かすため小顔にも効果的。少ない量でも、少しずつ食べていくことでダイエットに効果をもたらしてくれますよ。

◆お風呂には必ず入る


仕事やアルバイトで疲れるとお風呂に入らず、そのままベッドで眠りたくなりますよね。

しかし、疲れている時こそお風呂に入るのがおすすめです。

疲れたまま寝てしまうと、血行が悪くなり老廃物が流れにくくなってしまいます。そのため、翌朝起きるとむくみでパンパン!なんてことになるかも。

浴槽に浸かって体を温め、代謝が上がりやすくしていきましょう。

どうしても面倒な場合は、シャワーで体を温めてくださいね。

◆早寝早起きを心がける


痩せの大食い女子は早寝早起きを心がけているとのこと。実は早寝早起きは健康にもダイエットにも大きな効果をもたらしてくれるんですよ。

しっかりと深い睡眠をとることで、痩せホルモンと呼ばれる成長ホルモンを分泌させることが出来ます。深い睡眠をとると、1晩で300キロカロリーも消費できるのだとか。

また、早起きはエネルギーが消費されやすく、朝食前に軽い運動を行うと、1日中高い代謝をキープしやすくなりますよ。

◆便秘にはならない


ダイエットと美容の大敵である「便秘」。一度なってしまうと辛いですよね。

体に老廃物が溜まる「便秘」は、代謝を低くするだけでなく、余分な栄養素を吸収してしまうため、便秘を作らない体質に変わることが大切です。

お腹で「の」の字を描くようにマッサージしたり、発酵食品など腸内細菌を増やす食べ物で腸活を行うのがおすすめ。

また、便秘になってしまった場合は、無理して溜めておくのではなく、薬に頼るのも一つの方法ですよ。

◆体を動かす時間を作る


どんなに食べても痩せている女子は代謝が高い人が多いのが特徴的。ダイエットしなくてもほっそりボディをキープしやすいので、代謝を上げたいと感じる人は多くいることでしょう。

そこで体を動かす時間を設けて、代謝を少しずつ上げていきましょう。

脂肪燃焼効果が高いウォーキングやジョギングなど有酸素運動を行うのも良いですが、腹筋トレーニングや腕立て伏せなど、無酸素運動も行うと◎!

体を動かす時間がないという人は朝や電車を待っている時といったちょっとした時間を使って運動をするだけでも効果をもたらしてくれますよ。

いかがでしたか?

今回は、どんなに食べても痩せている女子に学ぶダイエットに効果的な日常習慣をご紹介しました。

日常習慣をちょっとかわるだけでも、体には大きな変化をもたらしてくれますよ。

ぜひ参考にして、痩せ女子の日常習慣を真似してみてはいかがですか?(modelpress編集部)

アクセスランキング